日常には欠かせない水。ミネラルウォーターやウォーターサーバーで旨く飲みたい

 
旨い水
旨い水の条件・要素

水の上手な飲み方

水の働き・効果
軟水と硬水って何?

水素水・酸素水?

ミネラルウォーターの種類

チョット変わった水たち
ウォーターサーバー生活

ウォーターサーバーって便利

主婦に大好評


リンク集
 

おすすめ

「沖縄・久米島 海洋深層水100% 球美(くみ)の水 硬度1000 」は、100%本物にこだわった海洋深層水。沖縄本島の南西にある美しい海に囲まれた、久米島の水深612mより汲み上げた海洋深層水を100%使用し、ミネラル成分をそのままに、塩分を取り除いて仕上げました。ミネラル成分を含んだ、高度1000の海洋深層水です。毎日の健康維持にご愛飲ください。

 

温泉水99は、硬度10以下というけたはずれの超軟水です。 「軟水」はマイルドでおいしく飲みやすいと言われ、口に含むと、軽やかでとろりとした甘さが感じられます。 温泉水99は、常温のまま飲んでも、お茶・コーヒー・紅茶・焼酎やウィスキーの 水割りにしても、その味、その飲み心地の「まろやかさ」がいかされます。お料理に最適の水といえます。 ※温泉水99は、やしきたかじん さんオススメのミネラルウォーターです。

 

「オキシジェンオーツー
(15倍酸素水) スポーツライム」微炭酸、ライム味の酸素強化水(酸素水)です。ドイツアルプスのミネラルウォーターに15倍の酸素を取り入れ、さらにクエン酸とマグネシウムを強化した爽やかなライムフレーバーのミネラル発泡水(スパークリングウォーター)です。

 

「ボトルグリーン クランベリー&オレンジ 」
カナダの天然ミネラルウォーター(硬水:硬度377.1)と、ハーブ、天然果汁がバランスよく調和。微炭酸で仕上げている為、喉越しも優しくさっぱりとした味わいのミネラル発泡水です。
本品「クランベリー&オレンジ」は、クランベリーのフルーティーな味と香りを、オレンジ果汁のちょっとしたアクセントが引き立てています。クランベリーには、アントシアニンなどのポリフェノール、各種ミネラル、有機酸などが豊富に含まれています。合成甘味料、合成着色料は使用していません。

 

ヴィシー(VICHY) セレスタンは天然微炭酸のナチュラルミネラルウォーターです。 美容によいといわれている成分である重炭酸塩のほか、カルシウムやマグネシウムなど様々なミネラル成分を含んでおり、天然微炭酸による心地よい口当たりと、これまでのミネラルウォーターにはない新しい味わいが特徴です。

 

「ボルヴィック サーバー用キャビネット」
ワンプッシュで、いつでも手軽にボルヴィックが飲めるスタイリッシュなウォーターサーバー用キャビネットです。オフィスやロビーに、ラウンジなどに、ご利用ください。幅315mmと、スリムで、スペースをとりません。 本体のみの販売です。紙コップなどの付属品はついておりません。

 

上手な水の飲み方

人間が一度に体内に吸収される水分は250ml、1時間に800ml程度と言われています。
例えばスポーツをして汗をかき、500mlの水分を失ったとします。

汗で水分が失われた直後に水分補給のため500mlのペットボトルを一気に飲み干したとしても、体に吸収されるのは250mlだけで残りの250mlは体内に吸収されず、尿として排出されてしまうのです。

つまり、水分が大量に失われて体内水分量が不足する前にこまめに水分を補給して、水分を上手に体内に吸収させてあげる必要があります。

それでは、どのタイミングで水を飲めばよいのでしょうか。

基本は

「喉の渇き」は、脱水症状のシグナルに他なりません。
ですから、水分補給の基本は「喉が渇く前に水を飲む」です。

水分補給のタイミング

起床後のコップ1杯の水と就寝直前のコップ1杯の水は日課にして下さい。
人間は、寝ている間に呼吸や汗で最低コップ1杯の水分が失われるといわれています。

これはもちろん冬でも同様ですし、寝ている間に多くの汗をかく夏はさらに多くの水分が失われます。

特に40代以上の方は要注意。

コップ1杯分、水分が失われている状態で急に活動を始めることにより脳梗塞が起きやすくなっています。

実際、脳梗塞で倒れる方は朝起き抜けの時が一番危ないと言われています。

また、朝の1杯の水で胃腸が目覚めて動きが活発になるので朝食の消化が良くなり、消化不良による腹痛などを防ぐことも出来ます。

お風呂上がりにビールをキュー!!
という、世の中のお父さんが楽しみにしているこの瞬間はわからないでもないですが、入浴の前後は水か麦茶などを飲むようにしましょう。

入浴中も汗をかきますので水分が失われます。

それ以外では

1回につき100〜200mlずつ、こまめに水分を補給しましょう。

呼吸や発汗・排尿により、特にスポーツなどをしていなくても水分は消費されます。

その失われた水分は当然補給する必要があります。

人間が一度に吸収できる水分量は250mlが限度と言われていますので、250mlずつこまめに水分補給するのが最も効果的です。

喉が渇いたと感じた時点で、血液中の水分量低下により血中塩分濃度が高くなっていたり電解質濃度のバランスが崩れて始めています。

「喉の渇き」は、体からのSOSサインです。

つまり、喉が渇く前にこまめに水分補給をする必要があります。

check

facebook
https://ja-jp.facebook.com/
(c) 旨い水 Allright Reserved.