日常には欠かせない水。ミネラルウォーターやウォーターサーバーで旨く飲みたい

 
旨い水
旨い水の条件・要素

水の上手な飲み方

水の働き・効果
軟水と硬水って何?

水素水・酸素水?

ミネラルウォーターの種類

チョット変わった水たち
ウォーターサーバー生活

ウォーターサーバーって便利

主婦に大好評


リンク集
 

おすすめ

「沖縄・久米島 海洋深層水100% 球美(くみ)の水 硬度1000 」は、100%本物にこだわった海洋深層水。沖縄本島の南西にある美しい海に囲まれた、久米島の水深612mより汲み上げた海洋深層水を100%使用し、ミネラル成分をそのままに、塩分を取り除いて仕上げました。ミネラル成分を含んだ、高度1000の海洋深層水です。毎日の健康維持にご愛飲ください。

 

温泉水99は、硬度10以下というけたはずれの超軟水です。 「軟水」はマイルドでおいしく飲みやすいと言われ、口に含むと、軽やかでとろりとした甘さが感じられます。 温泉水99は、常温のまま飲んでも、お茶・コーヒー・紅茶・焼酎やウィスキーの 水割りにしても、その味、その飲み心地の「まろやかさ」がいかされます。お料理に最適の水といえます。 ※温泉水99は、やしきたかじん さんオススメのミネラルウォーターです。

 

「オキシジェンオーツー
(15倍酸素水) スポーツライム」微炭酸、ライム味の酸素強化水(酸素水)です。ドイツアルプスのミネラルウォーターに15倍の酸素を取り入れ、さらにクエン酸とマグネシウムを強化した爽やかなライムフレーバーのミネラル発泡水(スパークリングウォーター)です。

 

「ボトルグリーン クランベリー&オレンジ 」
カナダの天然ミネラルウォーター(硬水:硬度377.1)と、ハーブ、天然果汁がバランスよく調和。微炭酸で仕上げている為、喉越しも優しくさっぱりとした味わいのミネラル発泡水です。
本品「クランベリー&オレンジ」は、クランベリーのフルーティーな味と香りを、オレンジ果汁のちょっとしたアクセントが引き立てています。クランベリーには、アントシアニンなどのポリフェノール、各種ミネラル、有機酸などが豊富に含まれています。合成甘味料、合成着色料は使用していません。

 

ヴィシー(VICHY) セレスタンは天然微炭酸のナチュラルミネラルウォーターです。 美容によいといわれている成分である重炭酸塩のほか、カルシウムやマグネシウムなど様々なミネラル成分を含んでおり、天然微炭酸による心地よい口当たりと、これまでのミネラルウォーターにはない新しい味わいが特徴です。

 

「ボルヴィック サーバー用キャビネット」
ワンプッシュで、いつでも手軽にボルヴィックが飲めるスタイリッシュなウォーターサーバー用キャビネットです。オフィスやロビーに、ラウンジなどに、ご利用ください。幅315mmと、スリムで、スペースをとりません。 本体のみの販売です。紙コップなどの付属品はついておりません。

 

ほとんど知られていませんが、旧厚生省に「おいしい水研究会」という研究会があり、「おいしい水の条件」というものを1985年に発表しています。

おいしい水の条件

水質項目 おいしい水の条件
摘 要
蒸発残留分 30〜200mg/l 主にミネラルの含有量を示し、量が多いと苦み・渋みが増し、適度に含まれるとコクのあるまろやかな味となる。
硬度 10〜100mg/l ミネラルの中で量的に多いカルシウム・マグネシウムの含有量を示し、硬度の低い水はくせがなく、高いと好き嫌いがでる。カルシウムに比べてマグネシウムの多い水は苦みを増す
遊離炭酸 3〜30mg/l 水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる
過マンガン酸
カリウム消費量
3mg/l以下 有機物量を示し、多いと渋みをつけ、多量に含むと塩素の消費量に影響して(塩素と結合して)水の味を損なう
臭気度 3以下 水源の状況により様々な臭いがつくと不快な味がする
残留塩素 0.4mg/l以下 水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味を悪くする
水温 最高20℃以下 水温が高くなると、あまりおいしくないと感じられる。冷やすことによりおいしく飲める。

以外に基準となる項目が多くて驚きですよね。

一般的に通販などで販売されているミネラルウォーターであれば過マンガン酸カリウム消費量・臭気度・残留塩素といったマイナス要素は基本的に問題ないと思ってよいでしょう。

残りの項目である「蒸発残留分」「硬度」「遊離炭酸」「水温」が『おいしい水』を決める要素と言えます。

おいしい水の要素

蒸発残留分

蒸発残留物は、カルシウムイオン・ナトリウムイオン・カリウムイオン・塩素イオン・硫酸イオン・炭酸水素イオン・ケイ酸イオンなどのミネラルの含有率を表します。

蒸発残留物の量が多いと苦味・渋みなどを感じ、適度に含まれるとコクのあるまろやかな味になります。

硬度

ミネラルの中で量的に多いカルシウム、マグネシウムの量です。

硬度が低いとクセがなく飲みやすい味、硬度が高いと好き嫌いが分かれる味になります。また、カルシウムに比べマグネシウムが多いと苦味が増します。

遊離炭酸

水に溶けている炭酸ガスで、適量含まれているとさわやかな味になります。一方、量が多いと刺激が強くなりすぎます。

水温

体温と比較して20〜25℃低い温度(10〜15℃)が適温と言われ、気温の高い夏であれば20℃でも冷たく感じられます。
また、冷やすことでカルキ臭なども抑えられると言われています。

しかし結局は・・・

「おいしい水」は個人で異なるものです。

例えば硬度ですが、一般的に日本人は軟水を好む傾向があります。
これは、日本の自然水がミネラルの少ない軟水であり、日本人の味覚が軟水に慣れているためと言えるでしょう。
しかし、全ての日本人が軟水が好きとは言えませんし、カラコン女子世代にはダイエットで有名なコントレックスなどの輸入ミネラルウォーターの普及により硬水を飲み慣れている人も増えています。
最初はカラコンに抵抗があった人も、カラコンの通販サイトなどができたことで気軽にカラコンを試せるようになってきましたし、
それは高級な天然水なども同じでしょう。海外の通販サイトでは日本人向けに翻訳ページを用意している場合もあります。 遊離炭酸についても、炭酸が強い方がおいしいと感じる人もいれば、炭酸が含まれている水は苦手な人もいるでしょう。
また、水温によっても感じる味はかなり変わります。

結局、自分がおいしいと思った水の「硬度」「遊離炭酸」「水温」を元に、色々な水を飲んでいくのが自分にあった『おいしい水』の探し方と言えますね。

pickup

代官山のまつげエクステ専門店!都会を忘れ、とても居心地の良い空間となっております。

代官山でまつげエクステ体験

Last update:2015/11/13

ページのトップへ

 

(c) 旨い水 Allright Reserved.